exA-Arcadiaに弾幕シューティングの金字塔、ケイブ作品の『怒首領蜂最大往生 EXAレーベル』が電撃登場

exA-Arcadiaに弾幕シューティングの金字塔、ケイブ作品の『怒首領蜂最大往生 EXAレーベル』が電撃登場

TOKYO, JAPAN – March 19, 2020 – exA-Arcadiaに弾幕シューティングの金字塔、ケイブ作品の『怒首領蜂最大往生 EXAレーベル』が電撃登場!?

 

株式会社Show Me Holdings(本社:東京都港区、取締役社長 胡裕如)は当社が展開するアミューズメント用プラットフォーム「exA-Arcadia」にて、株式会社ケイブ(以下 ケイブ)開発によるシューティングゲーム『怒首領蜂最大往生』の『EXA版』を、2020年夏に発売をいたします。

 

ケイブは『虫姫さま』や『デススマイルズ』など、これまでアーケードと家庭用ゲーム機に絶大な人気を誇る弾幕シューティングゲームをリリースしております。今回、その中で最も人気作品の首領蜂シリーズ第六弾『怒首領蜂最大往生』。原作のリリース以来、8年ぶりのアーケードでの再登場を果たすべく、新要素を含めてexA-Arcadiaがケイブ許諾のもとで鋭意開発中です。

 

原作はシリーズの要素を融合させたゲームシステムが人気を呼び、敵を連続的に破壊するとボーナスが加算され、高得点につながる「ゲットポイントシステム」とプレイヤーの行動によりゲージが溜まっていき、発動させると大幅にパワーアップする「ハイパーシステム」がありました。この二つを中心にどのように生まれ変わっているか、今夏お見せいたします。詳細はまた近日中に発表させて頂きます。

 

■exA-Arcadiaシステム基板について

【新プラットフォーム exA-Arcadiaシステム基板の特徴】

 

  • ネットワーク等を利用した“従量課金”は一切無し
  • ハイスペックなJVS規格汎用システム基板
  • 1つのビデオゲーム筐体で最大4つのゲームを同時稼働可能
  • 液晶モニターおよびブラウン管モニターでの画面出力に対応
  • 31kHzのモニター対応(15kHzのモニターへの画面出力には対応しておりません)

 

25本以上のタイトルが発表され、 アミューズメントコンテンツの提供元として業界をリードするexA-Arcadia専用ソフトは既に50本以上のタイトルを開発中。